ナビゲーションをスキップ:本文へ

  • ペットギャラリー
  • ペットの病気マメ知識
  • 動物病院施設検索
  • ぺとらぶショッピング
  • ぺとらぶって何?

ペット図鑑の病気正しく予防・正しく治療しましょう(・・`川)

ペットの病気・マメ知識犬の病気 - 症状で探す>アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

NO IMAGE -お写真募集中です。-

概要

遺伝的に外部のアレルゲンに感作されやすい体質(アトピー体質)で現れるアレルギー性皮膚炎(かゆみをともなった湿性皮膚炎)

主な症状

激しくかゆがる、皮膚があれる、眼や口の周り、耳、脇の下、お腹、足の先端などに発疹(ブツブツ)ができる

原因

アトピー体質の犬が、花粉やハウスダスやカビ(真菌)の胞子などのアレルゲンを吸い込み、それらに体内の免疫が過剰に働くことによる。皮膚のバリア機能や保湿力が低下していることも1つの原因

主な治療法

すべてのアレルゲンを遠ざけることが最善の治療法。不可能な場合は、必須脂肪酸の栄養補充食品(EPAやDHA脂肪酸)によって、炎症やかゆみを軽くできる。炎症やかゆみを抑えるための薬物療法

予防法、注意点

こまめな掃除、シャンプーなどでアレルゲンを減らす。アレルゲンを含まない身体に優しいシ食餌を与えて体質改善

掛かりやすい種類

シーズー、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、シェットランドシープドッグ、ホワイトテリア、ダルメシアン、ボストンテリア、ウェストハイランドホワイトテリア、アイリッシュセッター、イングリッシュコッカースパニエル、パグ、ビーグル、ミニチュアシュナウザー、柴犬

ページの先頭へ